c0203121_024575.jpg五月は、私にとって、一年中で、一番大切な月です。それは、何故かというと、誕生日があるから。子どもの頃から、この季節は私の五感を刺激する美しいもので溢れます。若葉の緑や、薫風、咲き誇る紫の花(例えば、藤、菖蒲、桐、クレマチス、牡丹etc.)たちに囲まれて、見上げれば、空までも、五月晴れで、真っ青な空に、吸い込まれそうになります。新芽から、若葉が萌えて、自然の命が、芽吹くシーズン。新鮮な緑の風に吹かれて、大自然の光や香りに包まれて、身も心も、トキメクのが、この五月です。

誕生日は、10日なので、その頃、母の日も二週目の日曜日になり、子どもたちからは、いつからか、誕生日と母の日のWのお祝いで、まとめたプレゼントを受けとるようになりました。大学生活から親元を離れて横浜で一人暮らしをし、現在、東京で働く長女は、とても気遣いのできる性格なので、私の感性にあうものを、この日のために、一年かけて探してくれたり、私が喜ぶであろうセンスのいいものを徐々に見つける達人の粋に近づいています。昨年から今年にかけては、お江戸での歌舞伎観賞の招待をしてくれるようになりました。母と娘で歌舞伎見物に、晴れ着の着物を着て行く。それが、醍醐味です。二年続いたので、GW期間前後の恒例になりそう(笑)。


c0203121_051497.jpg昨年は、今は亡き、勘三郎さんの最後の舞台となった【平成中村座】に招待してくれました。お江戸の新名所、東京スカイツリーを借景にした晴れ舞台は、ちょうど、息子、勘九郎の襲名披露も兼ねたロングラン公演でした。そして、今年は、なんと、新生・歌舞伎座の杮落し興業、しかも、勘三郎追悼演目の千穐楽とあって、孫の七緒八くんが花道から登場するというサプライズまで体感できて、一生忘れられない感動を覚えました。と、同時に、ここに何故、勘三郎さんが居ないのかと、祭りの後の寂しさも、味わいました。演目が、お祭りだけに、火消しの鳶頭役の勘三郎が居ない舞台はなんとも言えない淋しさがこみ上げてきました。この日のことは、私の言の葉の色香のブログにも詳しく綴っていますので、ご興味あればこちらもどうぞ。http://myclematis.exblog.jp/19999640/


More
[PR]
by aroma-createur | 2013-05-23 20:38 | プレゼント

さくらで、湯っ~たり。

c0203121_12304784.jpg先日、仲良しのデザイナーさんと久しぶりで逢った時、さくら尽くしのバスタイムグッズを手土産に頂きました。こういうさりげないプチプレゼントは、もらう方も負担なく期待大でもなく、あら、かわいいって感じで、それで少しサプライズでいいですよね。

この方とは、もう長年、こちらに住みだして隣町という近さもあり、姉妹のように仲よくしてもらっています。よく気が合うのもあり、お仕事かねての打ち合わせに、いいおうちcafeをみつけたら、新店舗巡りで、ランチをご一緒します。打ち合わせがなくても、逢う予定を立てて、互いのお誕生日が近づくと必ず誘い合います。普段の近況報告は、ほとんど私のおしゃべりが中心かも(笑)。それを彼女が上手に耳を傾けてくださるので、話し甲斐がります。彼女からは、公私ともに悩み事とか、あとは物事の疑問や質問が多く、私なりの回答やアドバイスを伝えます。そんなたわいもない時間ですが、ふたりの間での会話でいい点は、女性に多くありがちな噂話や井戸端会議的なものはいっさいないという点です。


More
[PR]
by aroma-createur | 2013-04-20 12:32 | プレゼント

c0203121_2401392.jpg先月末に、東京の娘が、また、社会人演劇「ピクルス定食はじめました」を、都内・中野の小さな箱で上演しました。http://igusinats.com/sombrero/index.html


昨年した二人芝居の脚本家ソンブレロ氏の演目で、今回は、三人芝居でした。娘にとっては、仲間とするのは、2回目ですが、今年は、新年早々、ひとり芝居「売り言葉」もやってのけたので、仕事をしつつ、1月と4月に芝居を開催するというのは、立て続けに台詞を覚え、稽古やリハにも集中しなくていけなかったので、体力的にも精神的にも、ハードだったようです。

後日、娘からリハの写真をみせてもらい聞いたのですが、お話しの内容は、パン屋のオーナー職人の兄とお店を手伝う妹に、兄が想いを寄せるお客さんのマドンナが絡む三人芝居です。脚本家のソンブレロ氏が、今回も昨年のように舞台にも出演し、パン屋の兄役で、その妹役が娘だったみたいですね。その場面は、ソンブレロ氏のブログに写真もUPされていたので、このサイトをご覧くださいね。なにやら、娘は、ロールケーキのような被り物を頭にかぶっていて、笑えます。
http://sombrero.at.webry.info/201205/article_1.html

More
[PR]
by aroma-createur | 2012-05-25 02:31 | プレゼント


c0203121_1645629.jpg今年、新年早々、北品川で上演した娘のひとり芝居『売り言葉』は、純愛詩集【智恵子抄】がモチーフになり、野田秀樹脚本の戯曲でした。その芝居に着付け担当の黒子で関わった私は、娘の晴れ舞台に、親心として、両親から娘へと、祝いの盛り花を贈りました。それは、以前にも、娘が昨年初めて社会人演劇として上演した二人芝居http://mycreateur.exblog.jp/16342084/の時もそうであったように、新年年明け早々に間に合うようにと、贔屓筋のお花屋さんhttp://www.geocities.jp/fskamuri/index.htmlの店主M氏へ注文を暮れの内にしておきました。

でも、いざ、どんな花にしようかと考えた時に、この花しか智恵子抄では思い浮かばなく、「冬の時期にこの花は咲かないのはわかっているのですが、どうか、この花のイメージで…斬新なアレンジを。」と強くお願いをしたのです。その花の名前は、グロキシニア。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/gloxinia1.htm


c0203121_17194225.jpgそうです。このグロキニシアは、明治45年、若き日の長沼智恵子が、高村光太郎のアトリエが完成すると、その年六月、落成祝いとしてグロキシニアの鉢植えを持って、一人で光太郎を訪ねたという印象的な花です。しかも、この花の名前は、後々、光太郎の詩のフレーズに何度か登場します。それほどまでに、この花は、光太郎にとっては、智恵子そのもの。そして、智恵子がやがて切り絵で表現する花にもこのグロキニシアは控えめながらも強く自己主張をしています。



More
[PR]
by aroma-createur | 2012-02-10 17:27 | プレゼント


c0203121_1712930.jpg先月、小雨降る古都で、かねてから訪ねたかった「六波羅蜜寺」http://www.rokuhara.or.jp/にある“空也上仁立像”を観にでかけた帰り道、辻道で、ふと【幽霊子育飴】という奇妙な看板が目に入った。夜店の芝居小屋でもあるまいし、幽霊が飴を売ってるわけでもないだろうと、小さなガラス戸の店先に貼ってある落語家・桂米朝さんの貼り紙に引き寄せられた私は、店番の女主に手招きされるがままに、店内に入った。
c0203121_1722159.jpgほんにちっぽけな店構えだが、各業界に紹介されたとおぼしき新聞記事や雑誌が、まことしやかに店内に並んでいる。ちょっとしたミニ資料館だ。買う気もなかったのだが、「味見をどうぞ!」と唆されて、つい手に取り、黄金色の飴の欠片を一口舐めた。懐かしい鼈甲飴の味がした。訊いてもないのに、店番の女主が、つらつらと、この飴の由来や、米朝さんの落語噺や、「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんのことまで喋ってくれる。なんだか、(飛んで火にる夏の虫)になったみたいだぞ(笑)と自分でも内心おかしくなったが、冥途の土産に、この飴をひとつ買うことにした。


More
[PR]
by aroma-createur | 2011-06-22 17:40 | プレゼント

ほんとうは、先月のアロマセミナーのことを綴ろうと想っていたのですが、ちょうど、15日の日曜日に、東京で娘が、二人芝居をしたの。で、親心として、何かお祝いをしたくなり、月並みですが、お花を届けることにしたのです。

もちろん、私からだけではく、父親もその想いは一緒ですから、両親からということですが、お花選びは、私に決定権をもらえたので、私なりの感性でチョイスし、オーダーしました。それが、このアレンジフラワーです。

c0203121_18581344.jpg


▼教えて頂いた花材をご紹介しますと―

・ピンクのゆり・・・ ルレーブ というユリ
・薄いグリーンのハート型・・・ アンスリューム
・黄色のミニバラ・・・ サニーベイブという品種
・リューカデンドロ・・・ (文書では説明しにくいですが葉だけのような花です)
・ピンクの細かい花は・・・ 「小輪のデルフィニューム シェルピンク」

あとは葉物で、アレンジしてもらいました。いかがでしょうか?



このチョイスが、とても、いい方向に飛んでくれて、素敵な零れ話が、たくさん出てきたので、つい、アロマセミナーのことは、後にして、今回は、プレゼントしたお花物語りについて、綴りたいと想います。





More
[PR]
by aroma-createur | 2011-05-17 20:24 | プレゼント


c0203121_18155497.jpg

このアロマのブログも、あの311大震災以降は、なかなか、綴る気持ちにもなれずにいたのですが…、先日、友人から、こんな素敵な香水をお土産で頂き、ハッとしました。金沢土産で頂いた香水の名は、金沢オードパルファム、その名も“金沢の香り”


この街の香りを、纏ってください。
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.gr.jp/eaudeparfum/index.html

金沢市観光協会と資生堂とのコラボで、2006年に商品化しているものだそうです。


More
[PR]
by aroma-createur | 2011-03-28 19:31 | プレゼント

c0203121_21514254.jpg
毎年、もう何年もつづいている、このお年賀のプレゼント。それは、オリジナルな素敵なカレンダーです。贈り主は、私がこのアロマのブログを開設した時、一番最初に扉の画像にした、イラストレーター伊藤尚美さん。

彼女の事を、私は親しみを込めて、なおみちゃんと呼んでいます。なおみちゃんと一番最初に出逢ったのは、もう、10年程前。行きつけのワイナリーの2階にあるギャラリーでした。そのオーナーさんが、いい娘がいるから紹介するよ。と、言われて、初対面で意気投合した私たちは、年の離れた姉妹のように、急速に仲良しになり・・・新しい作品が出来たといえば見せてもらい、大阪で個展があると言えば出かけ、地元図書館でワークショップ開くと聴けば、アッシー役を勝手出るetc.地元のタウン誌のライターも当時していた私は、彼女の才能をいかにして広めるか、そのことに夢中になりました。


More
[PR]
by aroma-createur | 2011-01-12 04:30 | プレゼント

今年の話題といえば、坂本龍馬の熱風につきることでしょうね。http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/むろん、NHK大河ドラマ『龍馬伝』が、その火付け役ですが、主役の福山雅治の人気も拍車を駆けています。c0203121_2143595.jpgそんな折、横浜に住む娘のBFから3月、大学院卒業式後、私へ卒業記念でバイクで四国巡りをした一人旅のお土産にと、こんな代物を頂きました。
【龍馬の意志】とネーミングされたアロマオイル(精油)の小瓶と小石のセットです。


More
[PR]
by aroma-createur | 2010-04-28 22:13 | プレゼント

私がアロマのことに興味があるからか、私へのプレゼントには、香りに関するものが最近多くなっています。先日も、大学院の卒業旅行で、シンガポールに一人旅してきた娘からは、甘い香りの香水と、エジプト製の香水瓶をお土産にもらいました。c0203121_2153972.jpg
Jamal Kazura Aromatics ジャマール カズーラ アロマティックスという、アラブ人街の一角で、エッセンシャルオイルやオリジナル香水の商いを続ける、小さな老舗の香水店とか。http://www.mangosteen.com.sg/contents/shop/04_jamalkazura.php


More
[PR]
by aroma-createur | 2010-03-22 02:07 | プレゼント