娘が、ひとり芝居『売り言葉』を1月7日に、東京・北品川で上演したのですが、そのスタッフとしても、私も何かと関わりました。大きくは、衣装のきもの着付け担当で駆り出されたのが始まりです。そのことは、私のお手紙のブログ『言の葉の色香』にも、綴っておりますので、またお時間ある時に、覗いてみてくださいね。http://myclematis.exblog.jp/17353154/

その芝居に、欠かせない演出効果に、BGMがあります。素人が上演する芝居ですので、プロのように、この芝居のための音源を作曲してもらうこともできっこないし、どなたかミュージシャンを雇い、舞台でバイオリンを弾いてもらうなんてことも、無理です。それで、手持ちのCDで、何かいい音源はないかしら?と、娘に訊ねられて、「ある!」って、即答したのがこの音源でした。

c0203121_17374080.jpg

“Suite for Fragile Chamber Orchestra”
フラジャイル室内楽団のための組曲



オートマタ、それはカラクリ人形のこと。

「フラジャル室内楽団」とは 

オートマタ作家・原田和明による、

音にまつわるオートマタ連作。

どこか懐かしく、どこか可笑しい、

カラクリ仕掛けの面々「フラジャイル室内楽団」のために

生駒祐子が書き下ろした組曲。


試聴
http://soundcloud.com/windbell/sets/yuko-ikoma-suite-for-fragile/

生駒祐子
http://www.yukoikoma.com


原田和明(二象舎)
http://nizo.jp


More
[PR]
by aroma-createur | 2012-01-29 18:32 | LIVE