c0203121_1931498.jpg五月の半ばに、友人の誘いをうけて、とある門前の茶店に行きました。そこは、“あぶり餅”という親指程の小ぶりの焼餅が細い竹串にさされて、京風の白味噌に、きな粉が混じったなんとも和む甘さと懐かしい味わい。一皿、15~16本ほど盛られ、1人前500円という手頃な値段で、茶店で一服できるのです。




c0203121_19331786.jpgそれは、京都の今宮神社の東門前に位置して、門前の参道には、このあぶり餅を振る舞う老舗の茶店が2軒、平行に並んでいます。門を出て左が、私たちが立ち寄った あぶり餅 一和(いちわ)さん。その右手が、あぶり餅 かざりやさん。一和さんが、創業、長保2年(1000)。平安中期一条天皇の子が疫病を患った時、疫除けの願いを込めて、このあぶり餅を供えたのが始まりとか。かざりやさんは、江戸時代の創業で、400年の歴史があるそうです。さて、どちらが、美味しいのか(笑)それは、語れませんが、私たちは、呼び込みの雰囲気が緩やかだった方へ立ち寄りました。http://wagashi.kotolog.jp/post/%E3%81%82%E3%81%B6%E3%82%8A%E9%A4%85+%E4%B8%80%E5%92%8C/

お餅も小ぶりで、あっという間に食べてしまう手軽さです。この味わいを例えるなら、きな粉のはったいこの味わい。それに甘い白味噌のタレがかかって、焼餅のお焦げの香ばしさに、舐めて味わう甘いタレとの絡み合いが、まったりとした至福の時間を作ってくれました。


c0203121_19344187.jpg
このあぶり餅食べたさに、この紫野(むらさきの)という土地を訪ねたのですが、せっかく来たのですからと、今宮神社にも詣でました。すると、そこは、小ぶりながらも、すごく歴史を感じさせるお社が並び、あちこちの佇まいに魅了されていく自分を感じました。そうそう、この土地の呼び名にも、心惹かれます。紫野って、ええわ。


c0203121_19364538.jpg


More
[PR]
by aroma-createur | 2013-07-05 17:02 | エッセイ

Aroma de time together と、言うタイトルと、~アロマのある暮らしが好き。~と言う副題で、このブログを立ち上げた3年前。私の考えの中には、自分がいいと想ったアロマの活用法を、少しでもわかり易く、ひとりでも多くの方へ、届けるためには、自分の一環したライフスタイル(アロマのある暮らし)を惜しみなく紹介するのが、一番の近道だと想ったからです。ですから、香りに関することなら、枇杷の実や生姜など、庭で育てた植物を使ってこしらえたレシピもこのブログではご紹介しています。精油の小瓶だけのアロマではない、暮らしに息づくアロマセラピーが、私の信じるアロマの道です。
(※ここでいうアロマセラピーは英語表現。アロマテラピーは、フランス語表現。)

今でもその考えは、変わりません。アロマコーディネーターという資格を取る為に、学び始めた2004年から、知識が増える度に、どんどんその気持ちは高まりました。このアロマは、エジプト時代、ミイラをつくっていた頃から、人との生活に関わりがあり、肌を保つためだけでなく、精神にも影響を及ぼす芳香療法だという事を、いかに、日常に活かして、役立たせるか。それが、私の心に芽生え、アロマセミナーを開講したり、フリマでアロマのクラフトを紹介したり、異業種と組んで、アロマの魅力を表現するコラボレーションをイベント化するという方向性が見えて来ました。


More
[PR]
by aroma-createur | 2011-12-31 23:48 | エッセイ

この“アロマのある暮らしが好き。”では、主に西洋から来たアロマ(芳香)について綴って来ましたが、今回は、和のお香についても、少し智慧のあることを、ある本で学びましたので、お伝えしておきたいと想います。

図書館から借りた本で、永六輔さんと瀬戸内寂聴さんの対談集【人生万歳】という著書があります。

この中で、寂聴さんが、昔、小説家・瀬戸内晴美で活躍していた文壇の世界から、出家して女僧になられた時に、相談に伺った今東光先生のお宅での一齣が、粋で唸ります。その場面に、お香がいかにも、いい案配で登場するのですが、これが劇であれば、要のシーンになるであろうと想わせるアイテムとしてお香が役目を果します。

以下、本文、寂聴さんと永さんの会話を抜粋※


More
[PR]
by aroma-createur | 2011-02-16 02:30 | エッセイ

アロマの精油を、エッセンシャルオイルといいます。
そう、草や花や木の根や、植物から得た貴重な自然のエキスです。
たった、小瓶5㎜ℓでも、高価な精油もあります。
特に薔薇の精油はトラック2台分も薔薇の花びらが必要なほど女王様クラスの代物です。


More
[PR]
by aroma-createur | 2009-09-23 12:11 | エッセイ