ほんとうは、先月のアロマセミナーのことを綴ろうと想っていたのですが、ちょうど、15日の日曜日に、東京で娘が、二人芝居をしたの。で、親心として、何かお祝いをしたくなり、月並みですが、お花を届けることにしたのです。

もちろん、私からだけではく、父親もその想いは一緒ですから、両親からということですが、お花選びは、私に決定権をもらえたので、私なりの感性でチョイスし、オーダーしました。それが、このアレンジフラワーです。

c0203121_18581344.jpg


▼教えて頂いた花材をご紹介しますと―

・ピンクのゆり・・・ ルレーブ というユリ
・薄いグリーンのハート型・・・ アンスリューム
・黄色のミニバラ・・・ サニーベイブという品種
・リューカデンドロ・・・ (文書では説明しにくいですが葉だけのような花です)
・ピンクの細かい花は・・・ 「小輪のデルフィニューム シェルピンク」

あとは葉物で、アレンジしてもらいました。いかがでしょうか?



このチョイスが、とても、いい方向に飛んでくれて、素敵な零れ話が、たくさん出てきたので、つい、アロマセミナーのことは、後にして、今回は、プレゼントしたお花物語りについて、綴りたいと想います。





More
[PR]
by aroma-createur | 2011-05-17 20:24 | プレゼント