c0203121_1645629.jpg今年、新年早々、北品川で上演した娘のひとり芝居『売り言葉』は、純愛詩集【智恵子抄】がモチーフになり、野田秀樹脚本の戯曲でした。その芝居に着付け担当の黒子で関わった私は、娘の晴れ舞台に、親心として、両親から娘へと、祝いの盛り花を贈りました。それは、以前にも、娘が昨年初めて社会人演劇として上演した二人芝居http://mycreateur.exblog.jp/16342084/の時もそうであったように、新年年明け早々に間に合うようにと、贔屓筋のお花屋さんhttp://www.geocities.jp/fskamuri/index.htmlの店主M氏へ注文を暮れの内にしておきました。

でも、いざ、どんな花にしようかと考えた時に、この花しか智恵子抄では思い浮かばなく、「冬の時期にこの花は咲かないのはわかっているのですが、どうか、この花のイメージで…斬新なアレンジを。」と強くお願いをしたのです。その花の名前は、グロキシニア。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/gloxinia1.htm


c0203121_17194225.jpgそうです。このグロキニシアは、明治45年、若き日の長沼智恵子が、高村光太郎のアトリエが完成すると、その年六月、落成祝いとしてグロキシニアの鉢植えを持って、一人で光太郎を訪ねたという印象的な花です。しかも、この花の名前は、後々、光太郎の詩のフレーズに何度か登場します。それほどまでに、この花は、光太郎にとっては、智恵子そのもの。そして、智恵子がやがて切り絵で表現する花にもこのグロキニシアは控えめながらも強く自己主張をしています。



More
[PR]
by aroma-createur | 2012-02-10 17:27 | プレゼント