連日連夜、深夜のTV観戦がつづいた、ロンドン五輪も、今日8月12日でフィナーレですね。皆さんも、睡眠不足気味な方が多かったのではないかしら?私は、案外、宵っ張りさんなので夜型人間としては、なんとかクリアできました。ツイッターしていたお陰で仲間とのツイートが楽しく観戦できた理由かもしれませんが…ね。先程は、男子マラソンが美しい青空の下、アスリートたちの雄姿をロンドンの街並みと共に、映し出されてました。

c0203121_2275633.jpg今回のオリンピックでは、表彰式の金銀銅メダルを授与されるシーンで、受賞した選手たち一人一人に、手渡される可愛いブーケに、私は、初日から感動。派手すぎず、品があって、可愛い!薔薇に混じってチラッと見えるハーブの緑にも、心奪われて、匂いを嗅いでみたくなりました。そうそう、アロマコーディネーターとしては、あのブーケの香りがどんなに素敵なんだろうと感じたのです。時々、選手の中にも、あのブーケを手にした途端、顔を近づけ香りを嗅いでいるような場面がありました。授賞式で歓喜の歓びに興奮した選手の心を、あのミニブーケは、心癒してくれたのではないかしら?

それで、どなたの作品なんだろうかしら?と、気になり、調べてみたら、あの ‘Victory Bouquet’ は、世界的に有名なイギリスのフローリスト JANE PACKER(ジェーン・パッカー)のデザイン。花束に、英国を象徴するバラと伝統のハーブをあしらい、素敵な香りに満ちたものとか流石ですね!
ブランドサイト(日本語):JANE PACKER
http://www.janepacker-tokyo.com/topics/olympics.html
公式サイト(英語):JANE PACKER
http://www.jane-packer.co.uk/UK/Olympics/Olympics.html  ※ブーケの画像は公式サイトより


メダリストたちが、ブーケを手に高く掲げたり、胸に抱きしめたりする姿は、最高に幸せな瞬間です。それにしても、これらの花材は、どんな種類が束ねられているのか?気になりませんか?


More
[PR]
by aroma-createur | 2012-08-12 23:29 | 文化・芸術