c0203121_3374027.jpg
この夏は、8月末に、故郷・愛媛へ一人で帰省しました。もう、父も母も天に召されていなので、お墓を守るのは、長男の兄だけ。兄が仕事で多忙なため休めず、今回の帰郷では、お墓参りを済ませたら、従姉(いとこ)のM子さんちや、叔母の家で、大変お世話になりました。帰れる故郷があり、両親は居なくても、こうして親戚の家で、我が娘のように迎えてもらえる幸せをつくづく感じた夏でした。

そんな居心地のよい休暇で、従姉が私のために、車で30分ほどの隣接した山にある“霧の森”http://www.kirinomori.co.jp/へ、連れていってあげるわと計画してくれて行って来ました。但し、従姉は、この現地へは、行ったことがないという事で、果たして、辿りつけるのかどうか、行く前からハラハラドキドキ(笑)


“お帰りなぁ。 お茶どころ、 新宮へ。”


c0203121_3435992.jpgここは、昔、新宮(しんぐう)村といわれていた地域です。ちょうど、その日は、村の祭りがあるみたいで、目的地を目指して車(なんと軽トラで!)で山を登ると、川沿いには、幟が棚引いています。「鐘おどり」という伝統行事が、ちょうどこの日あるとかで、狐につままれたように、ぐんぐんその幟が風に翻って、私たちを手招きしているかのようでしたが、二人でこの方角でいいのかな?と笑いながら、初めて行く“霧の森”を、私のスマホのナビで検索しつつ、トンネルを越えて、目的地に無事到着!


「鐘おどり」:http://www.youtube.com/watch?v=egzr0IglcnM

More
[PR]
by aroma-createur | 2012-09-07 03:57 | セラピー