人間は、この地球上で、いちばん偉い生物ではないはずなのに、なぜか、いつからか、この地球を我が物顔で占領し、束縛し、破壊し、痛めつけてきていますよね。そのことを憂いていておいでた動物学者の千石正一さんhttp://www.tbs.co.jp/doubutsu/sen_profile.htmlが、昨年2月7日に癌でお亡くなりになった事は、あまり話題にならず知らない方もまだおいででは?私もその一人でしたが、昨年末に、仲良しの男友達の一人S氏(世界のかえる博物館館長)http://www.nava21.ne.jp/~mikaeru/からあるイベントの協力で声をかけられ、その志に感動し、私ができることで、今回ご紹介するイベントに関われるならと、アロマでの協賛を約束しました。

なぜ、アロマでのかと申しますと、アロマセラピーで使う精油(エッセンシャルオイル)は、自然界の命を頂いて成し得る芳香療法です。その自然界とは、森に存在する花や樹木や果実や木の根っこなどの植物たち。それらの自然界の恵みを受けているアロマセラピーだからこそ、今回のイベントに協力したくなりました。


c0203121_4355093.jpg
追悼の意味も込めて、来る2月3日に、三重県名張市のアドバンスコープADSホールhttp://www.nabari-s-center.or.jp/で、千石先生の活動記録を映像で届ける映写会を開催します。友人のS氏が、今回のイベント開催の発端である千石先生のマネージャー間曽さちこさんと知り合い、全国で巡回している映写会を、地元でも開きたくなり、実現の運びになったそうです。

当日、会場ホールでは、『千石先生のいのちはみんなつながっている』映画上映会を開催。上映のほかには、千石先生のマネージャーだった間曽さちこさんが東京から来られ、地元の自然保全活動家で、よし笛奏者の中西崇雄さんと共に、基調講演をされます。その合間には、ヒノキを使った楽器も手掛けるザ・ヒノキーズさん、よし笛のちょいまるずさん等のアトラクション演奏も楽しめます。私は当日、会場の受付横で、アロマのクラフト作品(みつろう美容クリームや、アロマスプレーなど)を展示即売致します。展示即売は私の他にも、檜の作品展示や、大阪から動物雑貨shopノアハートのグッズも即売されるなど、盛り沢山な一日となります。



More
[PR]
by aroma-createur | 2013-01-04 05:01 | イベント