アロマdeライフスタイルart展~②スクラップブッキング~

さて、お待たせしました。先日のブーケ http://mycreateur.exblog.jp/20858814/ に引き続き、9月末に開いた私の作品展「アロマdeライフスタイルart展」でのコラボ作品、第2段のご紹介は、アメリカのアトランタから届けられたスクラップブッキングについて語りたいと想います。


c0203121_14571661.jpg
皆さんは、スクラップブッキングといえば、どういうイメージをお持ちでしょうか?私は、ここ数年、日本で流行ってきているモノでは、若いママたちが、自分のベビーの写真や旅先での写真をかわいくコラージュして飾るモノが主流だろうという感じで、そんなに興味はありませんでした。ところが、今年の初めに、ツイッター仲間で親しくなってたアメリカ在住のAtsukoさんという方のブログから、本場のスクラップブッキングを知り、衝撃を受けました。http://honeyscent.exblog.jp/17178204/私が今まで知っていたと想っていたのは、なんだったのか!?これは、ARTそのもの。素晴らしい!

それ以前からも、彼女のブログを拝見しては、ライフスタイルそのものが、彼女のセンスのステージであり、お洒落なインテリア雑貨やシーズン毎のイベントを愉しむ極意が惚れ惚れするほど見惚れてました。ですから、この本場の風を、この秋に開く私のアロマの作品展でも、吹かせて欲しい!と、いうwaveが、私の心を動かし、思い立ったら吉日とばかりに、Atsukoさんに一目惚れした作品の感動と、この秋の作品展での香りとのコラボレーションをDMで申し出たのでした。

詳細は、その後、PCでのメールのやりとりになりますが、逢ったこともない、実際に話したこともない海のムコウの相手と、ツイッターというゆるいおつきあいの二人が、こうして、一気に距離を縮められたのも、不思議ですが、成し得た事から考えてみても、本気の情熱は、相手の胸を射止め、アクションは、現実に結びつくのだと悟りました。今回のテーマソングでもあるユーミンの“やさしさに、包まれたなら♪”に、ぴったりなイメージの香り遊びが叶いました。







と、いうことで、2番手には、②スクラップブッキングとのコラボを、ご紹介。
作家は、Honeysuckle Vine の Atsuko Lyon さん。
http://honeyscent.exblog.jp/


今年の初めにorderをして、私自身も、どんな作品が届くか心待ちにしてました。それを販売する目的は最初からなく、こういう本物のスクラップブッキングを、日本の人たちにも知って欲しいというのかな。可愛いだけのチープな雑貨や百均だけの素材でコラージュごっこしたものではなく、アンティークな雰囲気を醸し出していながらもその人の暮らし方の息吹や、伝統美が感じられるものを私はAtsukoさんの作品の中で見出していたから、お披露目するのには、自分の作品でもないのに、凄い自信というのか、誇りにさえ感じていました。

夏のバカンスを前に、Atsukoさんがご家族で長い休暇をとって日本に帰国(帰省)される時に、できれば、お電話で繋がることもお願いしていたのですが、急遽それどころではない出来事が、Atsukoさんの側で起こり、もしかしたら、依頼している作品創りも無理になる状況かもしれないと案じました。でも、それにもめげず、彼女は、立派に任務を随行してくれて、8月末の暑い夏の盛りに、素敵なスクラップブッキングが私の手に届いたのです。

c0203121_15221561.jpg


c0203121_15203484.jpg
しかも、2つも!!この感激は、言葉では表せれない程。アメリカ大陸を越え、AIR MAIL便で大きな荷物をこの手にした時の感動は、いま想い出しても震えます。あいにく、私の留守中に最初不在配達されたようでしたが、私は再配達を待ちきれず、郵便局まで受け取りに走りました。よくぞ、迷わず、ここまで海を越えやってきてくれたことかと、感動しました。大事な2作品は、封を切るのが怖いほど、傷みもなく綺麗なまま、その全貌を私に見せてくれました。生まれたてのベビーを抱くような気持ちで、二つの作品をこの胸に抱きあげ、うるっと来ました。

c0203121_15245410.jpg


c0203121_15251727.jpg





c0203121_14592050.jpgそのひとつの、タイトルは、
「Far-off Memory」
窓の写真(12"X12")です。
これには、“ 遠 い 記 憶 ” と、和訳し、
彼女のブランド名でもあるHoneysuckle Vine(スイカズラの花)の香りをベースノートにアロマの精油を3種ブレンドし、爽やかな風をイメージしたフレグランスを調香。











c0203121_152917.jpgもうひとつの、タイトルは、
「As Time Goes By」
花の写真(10"X8.5")です。
これは、  “ 時 が 過 ぎ ゆ く ” と、 和訳し、
ローズウッドの香りをベースノートに、甘くほろ苦い柑橘系を3種ブレンドしたフレグランスを調香。



それぞれの作品に、私からの言葉の説明は、無用でしょう。あなたの審美眼でこのスクラップブッキングの世界に酔いしれてください。

額でなく、こういう枠は、最近あちらでも人気になっているそうです。アメリカには、スクラップブッキングの専門店もあり、クラフトファンにとっては、宝箱を覗くような素材アイテムがいっぱいであっという間に散財し、目移りしちゃうとか(笑) Atsukoさんも、あれこれと迷いつつツール選びをされたでしょうし、本当に美しいディテールや小物たちで見惚れますね。


※この作品創りの詳細は、Atsukoさんご本人のブログからもご覧になれます。写真が綺麗ですし、ぜひ開いてみてくださいね。そうか、そうなのですね。Atsukoさん、今回、私のアロマ展でのコラボが、人生初のイベント参加だったとか。とても光栄です!http://honeyscent.exblog.jp/18400512/

今回、アロマで香り遊びをさせて頂いたAtsukoさんとのコラボは、私に大きな自信と、香りの拡がりをもたらせてもらえました。そして、ARTと呼ぶにふさわしい作品との出逢いは、会場に訪れた皆さんの心にも何かを投げかけたことと信じます。いままで、スクラップブッキングを知らなかった世代や、男性の方たちにもお披露目できて、その存在と、初めて観るモノが、本場のAtsukoさんの作品であったことが何より嬉しいです。


小さい時から、本物を観る習慣や、芸術を愛する心は、育まないと、感受性が育ちません。その最初の役目は、親であると想いますが、不幸にしてそういう環境で育たなくても、学校の先生や友人や知人等がそういうことに長けている人が一人でも周りに存在してくれたら、いえ、一冊の本からでも学べることは沢山あります。アロマを通じて、私が今回の作品展で一番に投げかけたかったことは、コレなのです。暮らしにARTを取り込む感性の豊かさ。香りは、時として、脳を刺激し、記憶の花園へ導きます。あなたの嗅覚と視覚に今回のアロマとアートのコラボが、何かをインプットしてくれたなら本望です。



***この香水のみネットでのorderも承ります。***
このコラボ企画のご注文に関しては、私がイメージしたのと同じアロマの香りのみ2点とも、各1,500円で頒布致します。(スクラップブッキングは対象外です。)
私とweb上で、コンタクトがとれるSNS環境(TwitterやfaceBook)のお友だちならば、ネット販売も承ります。ご注文やお問い合わせは、DMか、個人宛のメッセージでご一報ください。香りがどんな匂いかは、個別にアロマのレシピをお知らせ致します。

[PR]
by aroma-createur | 2013-10-23 03:00 | コラボ